きまぐれな 背中を見つめ とめどなく 溢れる期待 振り向いて


関ジャニ∞が好きなんです。
最近、アルバムが出ましたね。良いアルバムです。明日からツアーも始まりますね。わたしも準備を着々と進めております。

最新アルバムの曲については大体 覚えたので、過去の曲も含めてきいているのですが、ここのところお気に入りなのが「WASABI」です。関ジャニ∞の元気が出るCD!!に収録されています。

片思いの彼女は彼氏がいて、でも好きで…っていう曲ですね。私の好きな曲で似ているのがシドの「シャッタースピード」ですね。それから、JUDY AND MARYの「ジーザス!ジーザス!」でしょうか、男女は逆ですけどね。私はただのミーハーなので知ってる音楽の幅はものすごく狭いので、そーいう知識は披露できませんが、この類の曲は好きなんです。


この曲のお気に入り部分は、もう自暴自棄になってるあたり、ヤケクソな感じ、それがたまらなく好きです。シャッタースピードもそうだけど。
近づこうとすれば恋人の影が見え隠れして、期待と絶望が入り混じって、最終的には気持ちが抑えきれず、全てが壊れてしまってもいい、 と 。自分の気持ちを抑えて、ずっと近づけないけど近い距離を保つことを選ぶのもまた切なくて好きです。でも、WASABIの大サビ前から最後までの、何がダメなの?っていうテンションと、でも、ダメだからこそ、何がダメなの?良いじゃん!っていう主張をせざるを得ない感じ、良いです。曲の雰囲気から、ただただ、好きな彼女への思いがとめらないっていうのが感じられるんです。どんどん気持ちが大きくなっていくのを演出しているのかと。

ちなみに、みんなの歌っているところ聞いてると、Bメロが1番と2番で、ヨコとヒナちゃんで歌う順番変わってるあたりが結構お気に入りです。それから、大サビ前のヤスくんの歌い方はとてつも切ないし、マルの歌い方なんてなんかもう泣きそうじゃないですか、最高です。大サビのどっくんは、その切なくて泣いちゃいそうな気持ちを飛び越えて、ヤケになった感じで歌っていて、これもまたよいです。


ちなみに、「シャッタースピード」は可愛らしいメロディーだし、「ジーザス!ジーザス!」はポップロックな感じで、「WASABI」とは雰囲気が違いますが、こちらはこちらで、自分の方に振り向かないことは分かっている諦めを隠すようなメロディーで、切なく感じてきて好きです。ただ、終わり方が全然違っていて「シャッタースピード」は完全に1人ぼっちの背中が浮かびます。マオにゃんはセンスあります。「WASABI」では明確になってないけどたぶん彼女の彼氏は知らないもしくはそんなに親しくない人だとおもうのですが、「シャッタースピード」は完全に友達です。友達カップルの彼女を好きになってます。そこの違いで、「WASABI」は勢いだけで、ヤケクソ感だけ前面に押し出していけるんでしょう。「シャッタースピード」はその後の関係も含めて切なさ、辛さ、倍増してます。そして、全ての諦めをあのメロディーにのせると、くっついたまま、でも告白によってギクシャクしたであろう彼氏と彼女、それから1人、離れていく彼と、もうよい方向には誰も向かわない展開とそれを隠そうと、平気なふりをしている感じが出ています。ものすごく心をくすぐります。
「ジーザス!ジーザス!」はオハナシハツヅク、なんて感じでどうなったの?!という感じでよいです。ポップなメロディーに合っています。付き合ってもないのに冗談でキスしてるなんて、ほんとにずるい男なので正直そんな男はやめなさいと思いますが、そんなわけにはいかず、喜んでしまうのはとてもよくわかります。とてもよくわかります。

関ジャニ∞の曲を語ろうと思ったのですが、他にも派生しましたね。また時間ができたらなんとなく語りましょう。